後援団体一覧(五十音順)

  • 一般社団法人九州経済連合会
  • 一般財団法人九州産業技術センター
  • 一般財団法人九州地域産業活性化センター
  • 株式会社久留米リサーチ・パーク
  • 九州IT融合システム協議会
  • 九州イノベーション創出戦略会議
  • 九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)
  • 九州産業大学
  • 九州商工会議所連合会
  • 九州・大学発ベンチャー振興会議
  • 九州半導体・エレクトロニクスイノベーション協議会
  • 公益財団法人北九州産業学術推進機構
  • 公益財団法人九州経済調査協会
  • 公益財団法人福岡県産業・科学技術振興財団
  • 公益財団法人福岡県中小企業振興センター
  • 国立研究開発法人産業技術総合研究所九州センター
  • 国立大学法人大分大学
  • 国立大学法人鹿児島大学
  • 国立大学法人熊本大学
  • 国立大学法人佐賀大学
  • 国立大学法人長崎大学
  • 国立大学法人宮崎大学
  • 国立大学法人山口大学
  • 国立大学法人琉球大学
  • 独立行政法人中小企業基盤整備機構九州本部
  • 福岡エレコン交流会
  • 福岡経済同友会
  • 福岡県商工会連合会
  • 福岡県バイオ産業拠点推進会議
  • 福岡工業大学
  • 福岡市IoTコンソーシアム
  • 福岡商工会議所
  • 福岡大学
  • 福岡地域戦略推進協議会

2019.3.6開催 三者連携フォーラム「データ×サイエンス×ビジネス ~AI・デジタルで社会を変える~」(開催済)

日 時

  2019年3月6日(水)
   13:20 ~ 13:45 開場・受付開始
   13:45 ~ 17:20 講演会
   17:30 ~      交流会

プログラム ★フォーラムチラシ

《講演会》
製造、流通、交通・サービスなど各業界の第一線で活躍されている企業の方々から、どのように「データを利活用」しているのかについて、また、大学・研究機関等の研究者から、「データサイエンス」や「AI・データ分析」における教育や社会実装、これからの展望などについて、最新の話題・動向をご提供頂きます。

【講演1】
ピンチはチャンス!~山口の山奥の小さな酒蔵だからこそできたもの~
旭酒造株式会社 会長
桜井 博志
さくらい ひろし

山口の山奥の小さな酒蔵である旭酒造。酒造りの工程をマニュアル化・数値化し、手作業と機械をうまく使い分けることで高品質の日本酒を安定して生産することに実現しました。本講演では、日本酒「獺祭(だっさい)」が純米大吟醸の販売量で日本一となり、アメリカやヨーロッパなど、世界24の国と地域への輸出拡大を果たした体験、逆境をチャンスに変えて成功した体験談をご紹介します。

【講演2】
実店舗小売企業のデジタルトランスフォーメーション挑戦事例
株式会社トライアルホールディングス 取締役副会長
西川 晋二
にしかわ しんじ

市場が大きく減少する中で、流通小売業として何を行うのかということを研究していかなければなりません。インターネット通販では全ての顧客行動がデータ化されており、その蓄積を戦略に生かしていますが、同様のことをリアル店舗でも実現することができます。実店舗でもデータによるイノベーションを実現することができると考えており、実店舗での様々な取り組み事例をご紹介します。

【講演3】
異業種との事業連携とICT・AIの活用で次世代の公共交通を創る
西日本鉄道株式会社 自動車事業本部 計画部計画課長
阿部 政貴
あべ まさき) 氏

慢性的な運転手不足や地方部の収益性低下など、バス交通を取り巻く環境は非常に厳しい状況にあります。高齢化社会、人口減少時代においても公共交通を維持するためには、他交通や異業種との連携が不可欠。とりわけ最新のICT技術を活用したバス運行効率化へのチャレンジや多モードの移動情報提供サービスなどは、市民や観光客の移動に劇的なプラスの変化をもたらす可能性がある。講演では当社が取り組む次世代バス事業の一部を紹介します。

【講演4】
オープンサイエンス & オープンエデュケーション with オープンマインド:
九州大学におけるデータサイエンス教育

九州大学 システム情報科学研究院 主幹教授
内田 誠一(うちだ せいいち)
文理を問わないあらゆる学問分野において、研究成果の客観性、定量性、そして再現性を担保するために、データ解析が必要となってきています。従って、九州大学のような総合大学では、全ての学生に対し、データ解析の素養を教育する必要があります。本講演では、このデータ解析に関する「全分野横断・全学年縦断」型の教育について、九州大学の様々な試みをご紹介します。

【講演5】
イノベーション加速時代の未来戦略
理化学研究所 生命機能科学研究センター
チームリーダー

高橋 恒一たかはし こういち) 氏

過去の産業革命の核心を原動機による肉体労働の自動化とすると、現在進行中のデジタル・AI新産業革命の本質は知的労働の自動化にあります。知的労働の最たるものの一つは科学研究であり、これを効率化・自動化する技術体系の波及効果は製品開発、企業経営や行政にまで及ぶ可能性があります。本講演では、ロボットによる生命科学実験の自動化やAIによる仮説生成・実験計画の自動化などの取組みをご紹介します。

《取組紹介》
金融機関(福岡銀行・西日本シティ銀行)・参画機関(理化学研究所等)からの支援施策等の紹介

交流会
 於   ハイアットリージェンシー福岡 リージェンシーII

会 場

  ハイアットリージェンシー福岡 ボールルーム★アクセス
  (福岡市博多区博多駅東2-14-1)

会 費

  講演会: 無料
  交流会: 3,000 円

主 催 

  九州大学理化学研究所福岡市九州先端科学技術研究所〔ISIT〕、
  ふくおか産学共創コンソーシアム

共 催

  九州大学学術研究都市推進機構〔OPACK〕

後 援

  後援団体一覧はこちら

お問合わせ先

   九州先端科学技術研究所〔ISIT〕 産学官共創推進室
  TEL : 092-805-3810  FAX:092-805-3814
  E-mail: fukuoka0306@isit.or.jp

第3回 洗浄技術セミナー(開催済)

日時・会場等

  日時 2018年10月19日(金)12:30 ~ 13:30
  場所 マリンメッセ福岡 (福岡市博多区沖浜町7-1)
     モノづくりフェア2018内 セミナー会場B(2階)
  募集 50名

◆洗浄技術セミナー 「超微量成分分析の観点から洗浄技術について考える」


講師 :九州大学アイソトープ統合安全管理センター
吉村 和久(よしむら かずひさ) 名誉教授

【講師略歴】
 1977年九州大学大学院理学研究科化学専攻博士課程修了。九州大学大学院理学研究院教授として2015年定年退職。現在、九州大学アイソトープ統合安全管理センター学術共同研究者。無機成分分析法の開発と応用に従事。専門 分析化学、地球化学、考古化学。

 サンプル中に含まれる超微量成分を分析するためには、外部からの汚染対策はもとより、損失をいかに防ぐかという技術が重要です。
 すなわち、分析のための処理プロセスにおいては、検出用の試薬類や測定・保存に使用する容器からの汚染が発生したり、あるいは、洗浄するための水が汚染されていた結果、洗ったつもりが逆に汚くなったりすることが起こりえます。さらに、溶液として容器にいれて保存している間に損失が起きる場合もあります。これらを防ぐ原理は無機成分除去のための洗浄の際にも有効です。
 本セミナーでは、主に無機超微量成分の分析を可能とする技術のうち、特に、洗浄に関わる基本原理・テクニック等について実例を交えてご紹介します。
 これらの技術は様々な分野に応用可能なものですので、普段、超微量成分析にあまりなじみのない異分野の方こそ、この機会に是非ご参加下さい。

参加費

 無料(モノづくりフェア2018の招待券をお持ちでない方は、同フェアのホームページより、事前来場登録を行っていただく必要があります)

申込方法

 モノづくりフェア2018ホームページ内の本セミナーのご案内・お申込みよりお申し込みいただくか、「氏名・ご所属・ご連絡先」を明記の上、下記、お問い合わせ先に、E-mailでお申し込み下さい。

主催・お問い合わせ先

 ふくおか産学共創コンソーシアム (福岡市、公益財団法人九州先端科学技術研究所(ISIT))
・・TEL : 092-805-3810
・・E-mail: fukuoka-kyoso[at]isit.or.jp ([at]を@に変えてお送り下さい)

 (セミナーチラシ(PDF)

サーバーメンテナンスのお知らせ

下記日程におきましてサーバーのメンテナンスを実施いたします。
メンテナンス作業中においては、本サイトの閲覧を一時休止いたします。
何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

【実施日時】
2018年8月11日(土)10:00~17:00
※上記の時間内で2時間程度の予定です。
作業の状況により終了時間が前後することがございます。

2018.5.15開催:数理・AIが解く未来!~計算科学の展開と期待~(開催済)


日 時

  2018年5月15日(火)12:00     開場・受付開始
           12:00~13:00 ポスターセッション
           13:00~17:45 シンポジウム
           18:00~19:30 交流会

プログラム

  プログラム詳細はこちらをご覧ください。シンポジウムチラシ

  Opening:  産業界、学術界のリーダーが数理・AI活用将来ビジョンを語る
        〔講演〕
         大日本住友製薬株式会社 インシリコ創薬シニアフェロー
          山崎 一人 氏
         理化学研究所 数理創造プログラム プログラムディレクター
          初田 哲男 氏

  Session1:  数理・AIの産業への活用例を数学者の視点で紹介
        〔講演〕
         九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 数学理論先進ソフトウェア開発室 教授
          藤澤 克樹 氏
         理化学研究所 計算科学研究センター データ同化研究チーム チームリーダー
          三好 建正 氏

  Session2:  数理・AIのライフサイエンス領域への応用例を紹介
        〔講演〕
         九州大学生体防御医学研究所 付属トランスオミクス医学研究センター 准教授
          山西 芳裕 氏
         理化学研究所 生命機能科学研究センター 制御分子設計研究チーム チームリーダー
          本間 光貴 氏

  Panel Discussion:異なる領域・業種のパネリストがビッグデータに基づく
            数理・AI活用の可用性を探る
        〔モデレータ〕
         九州大学名誉教授、株式会社チームAIBOD取締役副社長 他
          村上 和彰 氏
        〔パネリスト〕
         九州大学大学院農学研究院 環境農学部門 生産環境科学講座 准教授
          岡安 崇史 氏
         理化学研究所 革新的知能統合研究センター 計算論的学習理論チーム チームリーダー
          畑埜 晃平 氏
         九州大学基幹研究院 自然科学理論系部門 教授
          木實 新一 氏
         産業技術総合研究所 人工知能研究センター 副研究センター長
          麻生 英樹 氏


  交流会ビッグオレンジ

場 所

  九州大学伊都キャンパス I2CNER(アイスナー)ホール
  (カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER)第1研究棟 1階

会 費

  シンポジウム:無料
  交流会:2,000円

主 催 

  九州大学理化学研究所福岡市九州先端科学技術研究所〔ISIT〕
  ふくおか産学共創コンソーシアム

共 催

  九州大学学術研究都市推進機構〔OPACK〕

問合わせ先

  九州先端科学技術研究所〔ISIT〕 産学官共創推進室
  TEL : 092-805-3810 FAX:092-805-3814
  E-mail: fukuoka-kyoso[at]isit.or.jp ([at]を@に変えてお送り下さい)

第1回 洗浄技術セミナー 及び 出張よろず相談会(開催済)

日 時

  2018年3月9日(金)14:00 ~ 17:00

プログラム

  14:00   ふくおか産学共創コンソーシアム活動概要の説明
  14:10   セミナー 「洗浄とは何か?化学の観点から産業洗浄技術を考える」
  15:40   休憩 ・ 交流名刺交換会 
  16:00   よろず相談会 (洗浄に限らずモノづくりでお困りのこと、何でもご相談承ります。
・・・・・・・・・・・・・・・まずはお気軽にお声かけください。)

場 所

  TKPガーデンシティ天神 セミナー室
福岡市中央区天神2-14-8 福岡天神センタービル8F)

定 員

  40名(先着順)

会 費

  無 料

セミナー概要

講師 : (公財)九州先端科学技術研究所 産学官共創推進室
  石川 誠  特別研究員

【講師略歴】
 1976年東京大学工学系研究科修士卒。現、三菱ケミカル株式会社入社。高純度薬品事業部
開発部門にて、半導体洗浄剤、金属エッチング剤、準水系洗浄剤等の開発に従事。

 「洗浄」とは被洗浄物の表面と汚れとの密着力を、物理力(剥離)、化学力(溶解)で剥がし、被洗浄物の価値を高めることです。化学の観点から言うと産業洗浄技術、特に金属除去には、(1)金属を酸化させる 、(2)酸化物を酸又は錯化剤でイオン化除去する、(3)レジスト等有機物との接触角を下げる、という3つの要素があります。
 更に「非水(無水でなく水分少)」の系に酸化剤が加わると、有機物を分解できるので「硝酸」は (1)酸の作用、 (2)酸化剤の作用、 (3)「非水」の濃硝酸系、の3要素を備えていることになります。また、酸洗浄液に溶解したカチオン(塩)が付着した被洗浄物は、水リンスで不溶解化し再付着を起こす恐れがあります。
 セミナーでは、洗浄の基本から、リンスの改善、キレートの有効性を含めた話まで、分かりやすくご説明いたします。

主催・お問い合わせ先

 ふくおか産学共創コンソーシアム (福岡市、公益財団法人九州先端科学技術研究所)
・・TEL : 092-805-3810
・・E-mail: fukuoka-kyoso[at]isit.or.jp ([at]を@に変えてお送り下さい)